不足がちな栄養を補う|持田製薬EPAを利用する

シニア女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人に馴染み深い菌

メンズ

バクテリアの1種である枯草菌は、空気中以外にも私たちの腸内にも存在しているのです。枯草菌は主に腸内にいる細菌のバランスを整えてくれる働きがあり、便秘や下痢などの症状を改善してくれる効果があります。しかし、脳梗塞や心筋梗塞などの薬を服用している人は注意しなければならないため医師の相談が必要となります。

Read More

女性に多い鉄分不足

男性

貧血は、鉄分の摂取や造血剤の服用で改善することができます。最近では、鉄分をバランス良く配合したサプリメントも販売されているので、気軽に鉄分を摂取することができます。中には、貧血と同時に冷えを解消することが出来るサプリメントもあります。女性にとっては嬉しいものでしょう。しかし、摂取をするときには適量を摂取するようにしましょう。

Read More

血液をサラサラにするには

婦人

EPAは心筋梗塞を防ぐ

検診でコレステロールや中性脂肪が高めと言われると、動脈硬化がすすんでいき脳梗塞や心筋梗塞が起こることが心配になります。これらを下げるための薬はありますが、できれば薬に頼らずに下げたいです。薬を使わない方法としては、多めに運動することや脂肪分が多い食事を避けるという方法があります。それに加えて、コレステロールや中性脂肪を下げる働きがある成分を食事としてとる方法があります。そのような成分のひとつとして注目されているのが、魚の油に多く含まれるEPAやDHAです。これらが着目されることになったのは、都会に住んでいる人たちよりも北欧の寒い地域に住んでいるイヌイットの方が脳梗塞や心筋梗塞が少ない理由を調べた研究で、イヌイットでは血中のEPAやDHAの濃度が高いことがわかったからです。イヌイットは魚をたくさん食べるのでこれらが高いのだと考えられています。魚をたくさん食べるのは無理という方には、サプリを利用する方法があります。その中で持田製薬EPAが話題になっています。持田製薬は長年医療用EPAの研究をやってきた会社で、持田製薬EPAにはこの会社ならではの工夫がされています。

EPAが効くメカニズム

EPAには中性脂肪を下げる働きがあり、そのことで悪玉コレステロールの数を減らします。また、動脈硬化の原因になる血管の炎症を抑える力もあります。DHAは細胞壁に取り込まれることで細胞壁の柔軟性を高め血液をサラサラにします。持田製薬EPAには1日分にEPA が300mg、DHA が145mg含まれています。EPAの分量が多いのは、持田製薬が実施した研究で明らかになったことが反映されています。この研究では、血中のEPAの濃度が低かった人に比べて、多かった人の方が心筋梗塞や突然死が起こる少なかったという結果が得られました。EPAやDHAのサプリは数多くありますが、持田製薬EPAは、EPAやDHAをのむ本当の目的の心筋梗塞や脳梗塞になるのを防ぐことを視野にいれて作られています。

目の疲れを予防する

目の疲れ

誰でも大人になると目が疲れたと感じることがあると思います。目の疲れは正確に言うと眼精疲労と呼ばれるものです。肩こりの原因にもなる眼精疲労を解消するには、サプリメントなどを利用することが最適でしょう。

Read More