目の疲れを予防する|不足がちな栄養を補う|持田製薬EPAを利用する

不足がちな栄養を補う|持田製薬EPAを利用する

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

目の疲れを予防する

目の疲れ

目の疲れの原因って?

眼精疲労は、体の他の部分と同じように目を休ませてあげることが回復への一番の近道です。でも、目を使わないって究極的なことですよね。眠るとか音楽を聴くということぐらいしか、起きていて目を休ませてあげられることはなさそうです。パソコンを使って仕事をしている人にありがちなことですが、眼精疲労を感じてもまばたきをあまりせずに、何時間も連続でパソコンと向き合うという人もいらっしゃると思います。テレビもそうですが、パソコンやスマートフォンからはブルーライトと呼ばれる、電子機器特有の光が出ています。これが実は目にとってあまり良くないのです。ですので、メガネ屋さんにはブルーライトをカットしてくれるメガネなども売られています。最も効果的なのは、眼精疲労を解消してくれるサプリメントです。視力回復の効果も期待出来るため、目を酷使している人には最適でしょう。

疲れ目からの脱却

眼精疲労は意外と恐ろしいもので、放っておくと首や肩のコリなども引き起こしますし、ひどくなると全身の疲労感や頭痛・吐き気などをもよおす方もいるようです。しかも、最近は大人だけでなく、十代のうちからスマートフォンやパソコンに親しむ子供さんが増えたことで、大人だけの症状ではなくなってきました。視力が悪くなるということも考えられますが、一度悪くなった視力を取り戻すのは大人が身長を伸ばすことぐらい難しいですから、年齢を問わず一日にパソコンやスマートフォンを見る時間を決められるのがベストです。仕事でどうしても難しいという方は、こまめに目を休めたり、サプリメントを飲んだりして疲れ目を解消するようにしましょう。有効成分が含まれたサプリメントなら、目の疲れをしっかり解消し、適切なケアをすることが出来ます。