日本人に馴染み深い菌|不足がちな栄養を補う|持田製薬EPAを利用する

不足がちな栄養を補う|持田製薬EPAを利用する

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人に馴染み深い菌

メンズ

枯草菌はこうそうきんと読み、真正細菌というバクテリアの1種です。土や空気中に存在している他、人の腸内にもいます。この枯草菌は人の腸内で善玉菌を増やし、腸内の細菌バランスを整える役割を果たしています。枯草菌は腸の中でタイ米のような細長い俵状のコロニーという集合体を作り、生きています。特徴としては、他の菌よりも熱や胃酸に対する抵抗力や耐久性があることで、腸まで99%届くといわれています。医学的には、人に悪さを及ぼす病原性を持たないため、今後アトピーや花粉症などのアレルギーに対する免疫の向上に役立つと期待されています。日本人ならば誰でも知っている発酵食品の味噌や醤油、そして納豆も枯草菌のひとつから作られているのです。

菌のほとんどは熱や酸に弱いため、大腸へ届く前にその多くが死滅してしまいます。ところが枯草菌は自分を守るための芽胞という天然の殻があり、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌よりも外部からの影響を受けないとされます。そして大腸まで到達し、既存の善玉菌を増殖させる助けをします。枯草菌の効果としては便秘や下痢を改善させたり、機能性胃腸炎による胃痛や消化不良の下痢など日常的な不快感を防いでくれます。注意することは、この枯草菌は日和見菌に分類されるため、続けて摂ることが必要となります。さらに脳梗塞や心筋梗塞の薬である抗凝固剤(ワルファリンなど)を服用している場合、相互作用に注意が必要となりますので医師に相談をしてください。